カメヤマ酵母の飲み方

カメヤマ酵母の正しい飲み方

 

 

カメヤマ酵母は食後に飲むことによって体内で脂肪の原因となる糖質を酵素分解することで体重を落とすサプリメントです。

 

そのため、飲み方というのが非常に大切になってきます。

 

どれだけ優秀なサプリメントでも、飲み方を間違えれば正しい効果を得ることができず、満足した結果を実感することはできません。

 

『効果がない』と口コミで書かれた人の中には、もしかすると正しい飲み方をしなかったことが原因になっている人も少なからずいるでしょう。

 

カメヤマ酵母に限った話ではありませんが、正しい飲み方・使い方をしなければ正しい効果なんて100%実感できません。

 

カメヤマ酵母の効果を正しく得るためにも、正しい飲み方を心掛けるようにしましょう。

 

ポイントは次の3点です。

 

 

1:液体に溶かさずそのまま飲む

 

カメヤマ酵母には、生きた酵母が含まれているのですが、実は酵母は熱を加えるとその熱によって死んでしまい、十分な効果を発揮しなくなります。

 

そのため、温かいお湯やお茶などに溶かして飲むのではなく、粉末状のまま口に入れるようにしましょう。

 

もちろん、粉末状のため飲み込みにくい人は水などで流し込んだりするのはOKですが、なるべく常温もしくは冷たい水を使って流し込むように。

 

お湯や温かいお茶などで流し込むと、その熱によって酵母が死んでしまい、体内で正常に働いてくれなくなりますので、その点だけ注意しましょう。

 

 

 

2:1日に飲む量は2〜3袋まで

 

カメヤマ酵母は、外食時にも飲めるよう1回ずつが袋に納められています。

 

飲む際にはこの袋に入っているものを全て飲むことで1回とカウントするのですが、飲めば飲むほど痩せるスピードが早くなるわけではありません。

 

むしろ、体の栄養バランスが崩れてしまい、体調に悪影響を与える可能性だって考えられます。

 

そうならないように、飲み過ぎないように気をつけてください。

 

目安としては1日に2〜3袋で、理想としては昼食後に1回、夕食後に1回飲むのが良いと思います。

 

 

 

3:食後10分以内に飲む

 

おそらくこれが正しい飲み方の中で最も重要なポイントだと思います。

 

カメヤマ酵母は、食べたものが胃で消化される前に酵母を活性化させることで、カロリー摂取を抑制し、糖質の分解と善玉菌の活性効果を促すサプリメントです。

 

そのため、食べたものが胃に消化されてしまった後に飲んでも全く意味がないのです。

 

ですので、食事が済んだらなるべく素早くカメヤマ酵母を飲むように心がけるように。

 

また、万が一食後に飲むのを忘れてしまったら、急いで飲むのではなく次の食事の後に回した方がムダ遣いすることがありません。


正しく飲んでカメヤマ酵母の効果を実感しよう

「食後の飲むだけで・・・」と謳ってあるカメヤマ酵母ですが、あくまでも正しい飲み方で飲むことが前提としてあります。

 

たまに説明も読まずに思ったままに飲む人がいますが、そうしたあてずっぽうな飲み方が、効果を実感できなかったり、はたまた体調を崩してしまう原因になってしまうのです。

 

特にカメヤマ酵母はサプリメントであり、体調に必要な栄養に大きく影響するものです。

 

使い方を1つ間違えるととんでもないことになりかねませんので、飲む前にきちんと飲み方を確認してから使うよう心掛けてください。

 

≫カメヤマ酵母の口コミまとめをチェックする